FC2ブログ

O.tone vol.112

IMG_7635.jpg
今月発売のO.tone Vol.112の特集は「聖地、焼き鳥屋」です\(^o^)/
この雑誌、O.toneと書いて「おとん」と読みます。株式会社あるた出版が発行している札幌ローカルの雑誌で毎月15日発売、定価は680円。ほぼ毎号買っているお気に入りの雑誌です。
「札幌のおやぢたちがナビゲーター」と言うだけあって、札幌市内の様々なジャンルの美味い店を毎号特集しています。
以前はO.kanという女性向けの姉妹誌もありましたが、コンセプトが読者に気に入られなかったのか、いつの間にか無くなってしまいました。

O.toneは2006年10月創刊と言うことでもう12年も続いているのですね。
それだけ愛読者が多いと言うことでしょうか(^^)
今日も書店に行ったらO.toneが平積みで山のように置いてあったので、それだけ読者がいるのでしょう。
O.toneはオールカラー、毎号130ページ位で結構いい紙使ってるし、何より写真が綺麗で旨そうに写っているのが良いです。
穴場や新規開店した飲み屋の情報はO.toneで仕入れて行ったりします。

IMG_4058.jpg
今回の特集は「焼き鳥屋」、私が時たま行く札幌の老舗「福鳥」の記事も出てました。
福鳥は昭和21年創業で、今は3代目が焼き場に立っていますが、人気があるので最近はふらっと入っても満席で座れないこともあります。定休日は日曜日、午後4時半開店でカウンター15席、テーブル11席の店内は、満席になることも多く、どうしても席を確保したい場合は予約が必要です。
実はこの店の隣も焼き鳥屋の「串鳥」なのですが客層が全然違います。
串鳥は若者中心、福鳥は平均年齢60歳以上、ほぼ常連さんなのです。
昔は南4西1に本店があり、我々飲み仲間はそこに足繁く通っていたのですが、数年前に閉店。今は昔の南3条店が本店となりました。

IMG_4057.jpg
ここでいつも飲む酒はサッポロ黒ラベル生と秋田の銘酒「高清水」。
高清水は冷でも燗でもイケる旨い酒です。
まずは生ビール2杯くらいやってから高清水の燗に移ると言うのがいつものパターン。

IMG_4052.jpg
最近の焼き鳥屋に比べるとお品書きの種類は少ないですが、どれを注文してもハズレがないのです。余市にある焼き鳥屋「がんがら」は昔この店で修業した人が始めた店だそうです。

IMG_4059.jpg
上の写真はハツです。1人前4本で1人で行って4本食べると他の焼き鳥が食べられなくなるので2人以上で行くことをオススメします。早い時間しか無い「ウマイ」と呼ぶ豚のタン元はとても人気があり、すぐに売り切れてしまいます。
煮込みも美味いし、ガツや昔はトリカワと呼ばれていた鳥串なんかもお気に入り。
この店で早い時間に1時間位飲んで、勢い付けて1次会に向かうのが良いのです。
今回、O.toneで紹介されて福鳥に客が増えて、入れなくなるかも知れないのがちょっと気がかりです(^_^;)
関連記事

コメント

非公開コメント

nonb0716

札幌在住。キャンプ⛺、旅行🚅、風景🌅、美味い物🍲、ビール🍺、ワイン🍷、日本酒🍶の写真📷をメインにアップします。雪❄は苦手😱なので一年中キャンプ⛺の出来る所に移住したいと思う今日この頃😋
📷Canon EOS6DMK2
📷Canon PowerShot G7 X Mark II
📱iPhoneXR

アルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
936位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

Latest comments