FC2ブログ

登別の老舗温泉ホテル「第一滝本館」

IMG_8147.jpg
約20年ぶりに登別温泉の第一滝本館に宿泊してきました。
源泉から近いだけあって硫黄臭が濃く、如何にも効きそうな温泉です。
第一滝本館は1858年に滝本金造が、妻の皮膚病治療のために山深いこの地を訪れ、見事に快癒したその効能を広めたいと湯宿を設けたのが始まりだそうです。

第一滝本館の売りは湧きあふれる7つの泉源です。
その7つの温泉とは
①癒しの湯 ナトリウム・カルシウム塩化物泉(中性低張性高温泉)
②万病の湯 酸性含硫黄・鉄(Ⅱ)硫酸塩泉
③鬼の湯 ナトリウム・カルシウム塩化物泉(中性低張性高温泉)
④傷の湯  酸性含硫黄(ナトリウム)塩化物・硫酸塩泉
⑤美人の湯 ナトリウム・カルシウムマグネシウム塩化物・炭酸水素塩泉
⑥美肌の湯 酸性含硫黄(ナトリウム)硫酸塩泉
⑦熱の湯 ナトリウム・カルシウム塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
と多彩な泉種が楽しめます。

IMG_8160.jpg
今回宿泊した部屋は南館8階の2802号室。
10畳間の和室で定員4名の部屋に2名で宿泊しましたから、とてもゆったりしています。

IMG_8150.jpg
一人がけソファが2脚と小さなテーブルがあり、ここでゆったりと外を眺めることも出来ます。

IMG_8146.jpg
窓からは登別の温泉街と第一滝本館のフロントの屋根が見えます。

IMG_8149.jpg
取り敢えず持参した小樽ビールでカンパーイ(`・з・)ノU☆Uヽ(・ω・´)カンパーイ

IMG_8154.jpg
で、落ち着いたところで恒例の設備チェーック(。・∀・。)/
空気清浄機、冷蔵庫があり、お茶やお茶菓子など普通にありました。
冷蔵庫には一応有料のビールやソフトドリンクが何本か入っていましたが、持ち込んだものを冷やせるスペースは十分にあり、クーラーボックスなどは不要と思われます。

IMG_8157.jpg
バス・トイレはユニットでかな~り狭め、恐らく浴槽を使用することを想定していないので、こんな狭いのでしょう。
その分、トイレと洗面台は狭く圧迫感を感じます。

IMG_8167.jpg
落ち着いたところで館内探検へ。
ここに宿泊した覚えはあるものの前回はおそらく20年以上前で、会社の観楓会(北海道では晩秋に楓を眺めながら宴会を催すと言うローカルな風習があるのです)で来て以来。
館内がどんな感じだったか、忘れていましたが、この場所に来て思い出してきました。

IMG_8170.jpg
毎正時にあの金色に輝く棍棒からカラクリ人形が飛び出して宿泊客の目を楽しませてくれる筈なのです。

IMG_8179.jpg
まだカラクリ人形出てくるまでには時間があったので土産物屋に入り物色。
広い店内には土産物がたくさん並んでおり、温泉ホテルとしてはかなりの広さのように思えます。

IMG_8173.jpg
キャラクターグッズから定番の温泉饅頭まで多彩な品ぞろえで見ているだけでも退屈しません。

IMG_8183.jpg
そうこうしている内に夕食時間の17:30分が近づき、少し早めに指定された夕食会場のビュッフェダイニング「原始林」へ。
ここは2015年春にリニューアルされたそうで、新しくとてもキレイでした。

IMG_8185.jpg
我々が行った時は数組いるだけの貸切状態。
夕食のスタート時間を若干ズラしているのかも知れません。
それでも10分も立つと次々と宿泊客が到着し、人気食材のコーナーには行列ができ始めます。
私の大好物、「ズワイガニ」も良いところをゲットできて、まずは大満足。

IMG_8187.jpg
こちらは寿司コーナー。
と言っても酢飯が大鉢に持ってあり、刺し身が5種類くらいあって、それをのせてチラシ寿司にするような感じです。

IMG_8188.jpg
で、色々と回って集めてきたのがこの統一感のない食材の皿(^_^;)
これを見れば私の好みがわかりますね。食事はあまり期待していなかったのですが、まあまあそれなりのレベルかと思います。

IMG_8192.jpg
会場内の様子はこんな感じです。
夕食時は部屋ごとにテーブルが指定されていてスタッフに部屋のキーナンバーを見せれば案内してくれます。
アルコール類は別料金で料金は部屋付に出来ます。
部屋でビールを飲みすぎたせいで思ったよりも食が進みませんでした。

IMG_8203.jpg
お腹もいっぱいになったので大浴場へ。
みんなが食事している間は空いてるだろうということで来てみましたが、案の定空いてました。
温泉が売りだけあって中はとても広く、色々な泉質の温泉が楽しめました。
特に露天風呂はとても効く~ってい感じで良かったです。
ウォータースライダーやプールなどもありますが今回はスルー。

IMG_8199.jpg
温泉の入口前にはエステルームがあります。

IMG_8215.jpg
ここはお先程来た土産屋さん。お土産をいろいろと物色。

IMG_8249.jpg
20時に例の黄金の棍棒のカラクリ人形を見物。
鬼たちと桃太郎一行の人形の動きはシンプルながら中々の見応えでした。

IMG_8232.jpg
という訳で、温泉ホテルの夜は更けていきます。
温泉街にはまだ人通りがありますが、我々は10時頃にお休みモードで翌朝まで熟睡しました。
暖房がセントラルヒーティングで、弱でもかなりの温度の温風が出てくるので切にして寝ましたが、問題なく快適に寝られました。

IMG_8196_20180311182121546.jpg
翌朝は5時前に目が覚めて温泉へ。まだ誰も居ないだろうと思っていたら、結構な人。
ビュッフェ会場へと通じるエレベーターは他と違ってハデハデ~な感じ。

IMG_8260.jpg
7時前にはビュッフェ会場に並びました。
みんな一斉に朝食会場に押し寄せる感じで、通勤並みのラッシュ。
特にインバウンドな方たちが人の迷惑顧みず我が物顔で朝食会場を闊歩するのはいただけません。
インバウンド比率は約7割で、そのうち8割位が大陸の方のようです。
写真撮るまでもない朝食の内容でしたので写真はなし。

IMG_8262.jpg
と言うことで、1泊2日実質18時間あまりの第一滝本館滞在は終了です。
帰りにホテルから歩いていける地獄谷をチラッと見て帰ってきました。
今回は某スーパーの抽選であたった温泉宿泊の権利を行使して来たわけですが、自腹を払ってまでこのような大箱温泉ホテルに泊まることは無いと思います。
やはり丸駒のような小さくても落ち着ける宿が良いなと切に思うのでありました。


コメント

非公開コメント

nonb0716

札幌在住。キャンプ⛺、旅行🚅、風景🌅、美味い物🍲、ビール🍺、ワイン🍷、日本酒🍶の写真📷をメインにアップします。雪❄は苦手😱なので一年中キャンプ⛺の出来る所に移住したいと思う今日この頃😋
📷Canon EOS6DMK2
📷Canon PowerShot G7 X Mark II
📱iPhoneXR

アルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
4075位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
1087位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

Latest comments